ピーターパン症候群
「ワンピース」って漫画でアラバスタ王が言っていた。
人民がいてこその国家だ、と。
国が滅びようと、人さえいれば、またそこに国はできる。
国家の存続よりも、国民の命を優先しろ、という場面での言葉。

散々、学生生活を満喫して、大人になりたくない俺と同級生の友人たち。
そんなピーターパン達も、4月からいよいよ社会人になってしまう。
大学というネバーランドを離れ、東京に行かなければならない。
いよいよ大人になるんだね、俺達。

東京に行く我々と、すでに東京にいる友人とで、秘密基地を作ろうという話がある。
どっか安いアパートをみんなで借りて、たまり場にしようと。
週末はそこに集まろう、と。
社会人になれば、そのくらいの金は出せるんじゃないか。
最新ゲーム機も揃えようぜ、とか。自動雀卓っていくらだ、とか。

ピーターパン達がみんなネバーランドを離れても、
同じところに集まれば、そこにまたネバーランドを作ろうとする。
人民がいてこその国家だ。
[PR]
by jujujujujunjun | 2007-02-02 01:32 | 日常
<< 東京 修士論文提出 >>